本ウェブサイトの説明はこちらです。

2週目終了。だいぶ慣れてきました。

アメリカでPhDを取るまで

こんにちは。学期が始まってから2週間が過ぎました。今日は、備忘録のような投稿です。

アメリカに来てから1ヵ月が過ぎました。
こんばんは。アメリカに来てから今日で1ヵ月になりました。あっという間でしたね。今日は現時点の僕が思うことをつらつらと取りとめもなく記録していきます。 この1ヵ月過ごして思うのは、やはり環境っていうのは大事であるということです。...

思っていたよりも早く生活に慣れてきました。生活リズムも決まってきましたし、1週間の時間割もほぼ固定されてきました。また、生活に必要な手続きなどもほとんど終わりました。ただ、Social Security Numberは早く取りに行かないといけないです。Social Security Numberっていうのはアメリカで働くための身分証みたいなものです。ようやく ”留学準備” 終了っていう感じですね。

研究・授業・TAの全部を完璧にこなすのは無理だと悟りました。優先順位の低いところはスパスパ切っていかないと回らないです。ただ、若干サボり気味という説はありますが笑 ですが、本業は研究して論文書いて卒業することですからね。今はTAと授業に時間をかけすぎているので、もっと研究に時間をあてないといけないです。

研究テーマがざっくりと決まってきました。うちの専攻でPhDを取るためには、2つ研究テーマについて研究計画書を提出しなければいけないのですが、両方目途がたちそうです。といっても、教授のアイデアに乗っかってるだけなんですが。昔は、研究テーマは自分で決められるようになってようやく一人前だから、博士課程の学生は自分でテーマを決めなきゃいけないって思っていたのですが、今は真逆ですね。学生の間は、優秀な教授が見極めたテーマに乗っかって、大きい視野で物事見た方がいいと思っています。僕は、自分で研究テーマを考えた経験もあるのですが、知識や経験が限られている学生が考えられる研究テーマなんて大したことないです。卒業するためや、論文になりそうなテーマを選んで、卒業が近づくにつれて尻すぼみな研究になってしまう場合もあると思います。僕はこのタイプでした。研究のオリジナリティなんて、実際に研究すすめていれば嫌でも出てくるので、他人のアイデアをもらうことへの迷いはもう捨てました。学生の間は教授に乗っかって、新しい研究手法などを学んだ方がいいと割り切りました。教授が出してくれたアイデアは、2つの研究ともゴールは同じでアプローチ方法が異なるものです。僕はそのゴールにすごく共感できているので満足です。PhDを取るころには経験とか知識もついてきて、解くべき問題、解くべきでない問題の区別もついてくるのでしょうか?このあたりはまだまだわからないです。

TAの仕事が楽しいですね。一から全部教えるような授業ではない演習の授業であるとはいえ、20人以上の学部生に向かって授業するのは大変です。はじめはどうなることやらと思っていました。ですが、やっぱり僕は人にものを教えるのが好きで、結構向いてるなあと思います。最初の授業は緊張しましたし、学生の反応もいまいちだったのですが、今週はよかったですね。授業の終わりには、大きい声で挨拶し返してくれたし、キャンパスで会ったら少し話すようにもなりました。若干は認められたということでしょうか・・・。それに、大学で授業をしてお金をもらうっていうのはいいですね。社会に貢献している雰囲気でますし、精神安定上でも非常にいいです。ありがたい話です。なんにしても、TAの仕事は英語もうまくなるし、社会貢献している感じもでるし、素晴らしいです。某数学科のブロガーの方のような輝かしいTeaching Evaluationは今学期は難しいと思いますが、来年くらいには良い評価がもらえるといいですね。

2週間終わった今はこんなところですね。ところで、今日の朝、日本にいる友達とLineでビデオ通話をしていました。というのも、学部のころから友達の女の子が結婚式をあげたのです!2次会に呼ばれたのですが、渡米1カ月目ではさすがに行けないので、少しだけ実況してもらいました。 いやあ、結婚はすごいですねえ。ドレス綺麗でしたねえ。彼女はお酒を飲んでるとき以外、いつも合理的で強い女性でした。僕には、あなたが旦那さんの前で甘えている姿が想像つきません笑 このサイトは知らせてないし、今後見ることもないと思うけど、Iさんおめでとう!子供生まれたら写真見せてください。計画的に産んでいくんだろうな・・・笑 それではまた!1)写真は奄美大島です。

渡米47日目。メンターが割り当てられました。
こんにちは。ゆるふわたまごです。今日も備忘録的な投稿です。 メンターが割り当てられました。 先週、大学から連絡があり、僕にメンターが割り振られたという連絡がありました。うちの大学では、新しく入った大学院生の相談を受ける人として、...

References   [ + ]

1. 写真は奄美大島です。