本ウェブサイトの説明はこちらです。

持ってる本を電子書籍化すれば引っ越しが楽になると思います。

留学準備

こんにちは。今日は紙の本の電子書籍化について書きます。仕事や趣味の関係で本を読むことが多い人は、引っ越しのときに本の箱詰めに苦労すると思います。僕は周りの人と比べれば本を読む方で、月に5冊くらいは読んでいると思います。その結果、本棚に本がたまってしまい、いざ留学となったときに、それらの本をどうするか悩みました。すべてを持っていくのはお金と労力がかかってしまう、もう一回読みたいと思う本もある。そこで、読むべき本を厳選して、これからも読みたいなと思った本を電子書籍化することにしました。紙の本の電子書籍化は、”自炊”と呼ばれて、最近ちょっとしたブームになっているようで、それを専門とする会社もいくつかあります。しかし、いざ作業を依頼しようとすると、予約がいっぱい、といったことになってしまいました。それで、どうすればよいか調べたところ、自炊に必要な道具を借りて、自分で作業を行うといったことになりました。

DMM.comいろいろレンタルで自炊に必要な道具をレンタルしました。

さて、自炊に必要な道具をどこから借りれば良いのでしょう? 僕はDMM.comが提供している「いろいろレンタル」というサービスを利用しました。

いろいろレンタル
ブランドバッグやドレス、AV家電などいろいろな商品をネットでレンタル!必要な時だけ借りられるのでお得にご利用いただけます。ecoな時代は買わずにレンタル!

このサービスで、”電子書籍” と検索をかけるとレンタルできる道具が出てきます。紙の本の電子書籍化には、2つの道具は必要です。1つ目は、スキャナーです。スキャナーは、紙を読み込んで、PDFのような電子媒体に変換する機械です。2つ目は裁断機です。裁断機とは、本をスキャナーに取り込めるように、本を切断してバラバラの紙にする機械です。

Amazon | 富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面) | 富士通 | ドキュメントスキャナ 通販
富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)がドキュメントスキャナストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | プラス 裁断機 自炊 A4 かんたん替刃交換 PK-513LN 26-309 | 文房具・オフィス用品 | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、プラス 裁断機 自炊 A4 かんたん替刃交換 PK-513LN 26-309を文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

これら2つの機械が「自炊・電子書籍化キット」としてDMM.comいろいろレンタルで提供されていました。2日間のレンタル料金が5000円、送料2000円で計7000円がかかりました。業者に依頼する場合と比べると格安なのですが、時間を取られてしまうのが残念なところです。幸い僕は暇人だったので問題ありませんでした笑

自炊作業の具体的な流れ

具体的な作業の流れを説明します。まず、裁断機で本をバラバラにします。

こんな風に本を裁断機にセットして、ザクっと切っていきます。小さい文庫本は簡単に切断できるのですが、写真のような太目の本を切断するのは結構力がいります。特に、洋書の学術書はページ数がとても多く、背表紙も固かったので苦労しました。

次に、バラバラにした紙をScan SnapでPDF化します。

スキャナーに紙をセットすると、どんどん取り込んでくれます。予想以上に早くて驚きました。そして、得られたデータをパソコンに送信して保存します。

紙の本を電子書籍化したら色々楽ですよ。

僕の場合、保存したデータをipadに移動させて読んでいます。著作権の関係上、画像を載せるのは怖いのでやめておきますが、文字の解像度などに問題はありません。紙の本の方が良いっていう人の気持ちもわかりますが、慣れてしまえばこっちの方が楽だと僕は思います。どこでも持ち運べますし、いつでもすぐ読めます。何より、留学するときに本の引っ越しで悩まなくなります。しかし、紙の本で読むのと比べて、電子書籍は目に良くないかもしれません。そこは注意したいですね。

僕は、2日間かけて約40冊を電子書籍化しました。真面目に半日作業すれば終わります。しかし、単調な作業で疲れてしまうので、長めに時間を見積もっておいた方がいいとは思います。なお、紙の本の電子書籍化は個人の利用目的でのみ許されているようですので、使い方には注意しましょう。それでは!